デメリット

守護石の種類が知りたい

パワーストーンには様々な種類がありますが、その中でも、自分の守護石をつけるようにすると効果的です。
守護石とは一体何か?
守護石の種類についてご説明します。

●守護石って何?
守護石とは、読んで字のごとく、自分の事を守ってくれる効果がある石の事です。
守護石は、誕生星座や誕生年、曜日などによって異なります。
誕生石と同じように人によって守護石が異なりますので、自分にあった守護石を持つことで、強い効果を得ることが出来るでしょう。

●星座別守護石とは?
自分の生まれた星座の守護石を星座別守護石と言います。
星座別守護石は、これらがあげられます。
・やぎ座→ガーネット、トルコ石
・みずがめ座→アメジスト
・うお座→アクアマリン
・牡羊座→エメラルド
・ふたご座→ヒスイ、アゲート
・かに座→真珠
・しし座→ダイヤモンド
・おとめ座→サードオニックス、カーネリアン
・天秤座→トルマリン、ペリドット
・さそり座→トパーズ、オパール
・いて座→トパーズ
誕生石と星座の守護石が別々な方も居るかと思いますが、自分の守護石であることに変わりはありませんので、好みの石を持つようにしましょう。

●曜日別守護石とは?
誕生石や守護石と違い、曜日によって運気がアップする石の子とを、守護石と呼びます。
守護石にはこのような種類がありますので、その日によって違うパワーストーンをつけたい方は参考になさってみて下さい。
・日曜日→ダイヤモンド
・月曜日→真珠
・火曜日→ルビー、オパール
・水曜日→カーネリアン
・木曜日→トパーズ
・金曜日→エメラルド、ペリドット
・土曜日→アメジスト、ターコイズ
曜日によっても異なる守護石。
星座の雨後石と異なる場合もあるかと思いますので、その日の気分でつけてしまってもOKですよ♪
他にも、生まれ年によっても守護石や守護神が異なりますので、パワーストーンを選ぶ際の参考になさってみてはいかがでしょうか?
いくつか種類を持っておくと、その日によってアクセサリーを付け替えることが出来ますよ!